第33話:キュアムーンライト、復活です!

石田彰!

はい、終。



と言いたくなるくらいインパクトあった。
自分的に、この人の声は「うさんくさいキャラ」なので。

あと、ダークさんが強すぎて嬉しい。
さすがダークさん。ムンライ復活に喜びを隠しきれない模様です(待て)

予告でリボルケイン出していたムンライさんにビビる。
サンシャインに続いて、またもやRX最強伝説なのか……

今週もえりかは可愛くてよろしゅうございました。
「私の胸で泣いてください」
えーい、可愛すぎて困る。

さあ、来週はダークVSムンライですな。
負けた方がお嫁さんになります。

色々あるっさ

たとえば、
「眠れる美女(以下、A)は王子様(以下、B)のキスで目覚める」
と言うシチュでSSを書こうと思ったときに。
色々なバリエーションを考えるわけですが。

寝ているAを見つけたB。キスしようかと思って近づく。
そこへやってくるBのライバルC。牽制し合う二人。
実はAはとっくに目を覚ましていて二人に気付いている。
 こうなると「マリみて」 舞台は薔薇の館。Aは祐巳、BとCは瞳子と可南子? 

寝ているAを見つけたB。キスしようかと近づく。
でも、キスして良いんだろうか? 
自分がAにキスして良いんだろうか?
悩んでいるウチに目覚めるA。自己嫌悪のB。
 これは「舞-HiME」 なつきと静留。

寝ているAを見つけたB。キスする。
目覚めるA。照れる二人。
実はそれはCに見られてました。
 これだと「リリなの」 なのはとフェイト。Cはヴィヴィ? はやて?

寝ているAを見つけたB。ホッペタにキス。
目を覚ますA。笑うB。真っ赤になるA。
 これは「ハトプリ」 つぼみとえりか。


まあ、いろいろあるわけですが。さて、どうしよう。






第32話「イケメンさんと対決?そんなの聞いてないです~!」

イナズマンフラッシュというのがあってな。


やるっしゅ やるっしゅ やるっしゅ
キュアマリンやるっしゅ
やるっしゅ やるっしゅ やるっしゅ
キュアマリンやるっしゅ

立てキュアマリン 地を蹴って
クモコブサソリ ぶっ飛ばせ
見よ 心の花々を 狙うサバークデザトリアン
オープンマイハート ハートキャッチプリキュア
揮えタクト 自由を守れ
可愛い力だ キュアマリン やるっしゅ!


いやまあ、思いついただけっしゅ。


よし。オープニングで全員下着姿(違う、下着違うそれ)来た。よし。
つぼみとお婆ちゃんの語らいが、なんとなくお婆ちゃん死亡フラグぽくって恐かった。
いつの間にか、いつきまでもがコッペさまの魔力に引き込まれている。羨ましすぎるだろ。
あれ、そうすると、ゆりさん加入後は、ゆりさんもあの一人になるのか?!
ちょっとコッペ様、表出ろ。

前回の予告のワクワクは、回想シーンだと判明。うーん、ハートキャッチは予告詐欺が多いのう。
かつてのサソリ姐さん髪おろしとか。

先代倒すのがプリキュアのパワーアップの条件とな。ふむふむ。
しかし、プリキュアって経年劣化しないのか。
もしかして、フラワーからムーンライトって過去最大の空白期間だったりして。
過去の連中のパワーアップバトルがみんなこんな年齢差とは考えづらいしなぁ。今回が特別、年齢差のあった世代だったとか。
そこでイケメンが代打。しかしその正体はコッペ様。この辺りは予想通りですかね。
さて、コッペ様の化けたイケメンがつぼみのお爺ちゃんそっくりだったのは、フラワーの一番愛した人の真似をしていたと言うことらしいが……。
コフレ、シプレ、ポプリが将来そうなったら、いったい誰に化けるんだろ……。
やはり……えりか、つぼみ、さつき、じゃろうか? 誰が誰の愛した人なのかはご想像にお任せ。



しかし、なんだかんだ言って今週一番ビックリしたのは
鶴ひろみさんだろ!!


tag : ハートキャッチプリキュア

士農工商ヲタ

今日気付いたのだが、ATOKって、やばい言葉は一発変換してくれない。
白○とか、不○とか、○とか、○とか、○とか、
馬鹿、欠損、盲人、言語障害、聴覚障害なら変換してくれるのにね。

因みに今回のタイトルは、「江戸時代の身分制度」ヲタの事であって、ヲタの身分が低いという意味ではない。
多分
でも、我ながら、いい言葉だと思った(待てい)

第31話:悲しみの正体!!それは、ゆりさんの妖精でした・・・

サソリ姐さんっ!!!
姐さん消滅フラグがと思ってビビッたぜ。というか、サソリ姐さん、フラグ立てまくってるなぁ。

というか、サソリ姐さんより、クモさんのほうがよっぽどアレだと思うんだが……

今回もえりかは魅力爆発な件。

フリーダムな寝相。
今週の「お前が言うな」(夏休みの宿題発言)
もも姉との絡み。
ホッペタぐりぐり。
えりか可愛いよ、可愛いよえりか。

思わずガチャポンやりに行ったら、妖精しか出なかった件(俺は泣いていい)

ゆりもものイチャつきっぷりに、ダークさんはお怒りです。

いろいろあって

色々と考えることが続いて、ブログすらストップしている今日この頃。

とりあえず明日くらいには、今日のプリキュアの感想と、オーズの最初二話分の感想と、最近読んだ本の話題でも……

今週のプリキュア

第30話「ポプリが家出!いつき、ボロボロです!!」

いつきも大変だねぇ。
そしてえりかはいつも可愛いねぇ。

と見ていたら……

なんで、サソリーナさんはそんな偉そうな席に座ってらっしゃるんですか?
女王様ですか? ご褒美ですか?(意味不明)
そして姿を見せないクモジャキーは、コブラージャの化粧品を棄てに火山まで冒険中。きっとドワーフとか仲間にいる。

妖精に優しくプリキュアに厳しいゆりさん。だけど、もも姉にはメロメロのようです、相合い傘です。
もも姉はダークさんに気を付けろ。刺されるぞ。

いつものように一人無双で頑張るサンシャイン。いやもう、不意をつかれたり、一般人を庇わない限りは一人で良いよね。
今回だって、皆口裕子声の女の子(これはグッズを買った大友へのご褒美ですか?)がいなければ一人で終わってた気配。

もっとも、ダブルお尻パンチの前にはサンシャインなど……。
ええ、マリンのお尻パンチが出たので、寿命が延びました(ボクの)

ANIME JAPAN FES 2010 “大阪 夏の陣”

行ってきましたよ。

名古屋と殆どメンバー変わらず。
宮内さんと高取さんはいなかった。

しかし燃えるに変わりなし。
そして大阪のみのゲスト、タケカワユキヒデ氏!!!

なんと、「モンキーマジック」「ガンダーラ」「GalaxyExpress999」、怒濤の三連発!
オッサンにはわかると思うけど、「モンキーマジック」のアレ、白い物を投げる奴、やってくれましたよ。
思い出すなぁ、「ザ・ベストテン」

そして999繋がりということで、そのまま、ささきいさお氏の「銀河鉄道999」に突入という恐ろしいことに。
これは泣くだろ。

しかし、タケカワ→ささきのラインなら、「モンキーマジック」→「スタージンガー」でも西遊記繋がりだよなwww

タケカワさんが言いました。
「呼ばれるのは嬉しいけれど、私、アニソン一つしかないのに良いのかなぁ」
「キャプテンフューチャー」忘れてるっ!?
ヒデ夕樹バージョンのほうが有名かねぇ。

さらに
「ああ、でも、作曲はフラッシュマンとかしたからね、歌って良いのかな」
会場からあがる
「歌ってくださいぃいい」との絶叫。
いや待て。
確かに俺も嬉しい。しかしだ、作曲した奴を歌って良いというルールを適用すると、
高取ヒデアキさん(ハリケンジャーOP、シンケンジャーED)が「Alright! ハートキャッチプリキュア! 」を歌うことに……(なりません)

今週? のプリキュア

第29話「夏、ラストスパート!私のドレスできました!!」

日テレのチャリティもどきマラソンにケンカ売ってますか?
だとしたら、断固応援するぜプリキュア!!!

まあ、それはおいといて。

つぼみさんの男殺しはもはや洒落にならんレベルまで来ました。
新しい服と同じ素材のドレス……フェチ入った人間ならまず発狂する。
わかっててやってないか、つぼみさんw

戦闘シーンは、例によって例のごとし、サンシャイン一人で良いんじゃないかの世界。
サンシャイン強すぎるよなぁ。マジでいらない子になってるぞ、ブロマリ。

クモジャキーさんの正論は耳に痛い。プリキュアより砂漠の使徒幹部のほうが正論っぽいのはなんだろ。
大人(とまでは行かなくても、ある程度年上の)論理と子供論理なんかねぇ。
プリキュアの視聴層考えれば、後者が絶対正義であらねばならんのですが。

いつき相手に未だに顔を赤らめているつぼみさん。
正妻のえりかが可哀想すぎます。
えりかにしろ、もも姉にしろ、大変だなぁ。つぼみさんはいつきに、ゆりさんはダークさんに取られかねん。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
月別アーカイブ