冬コミ新刊情報

表紙

「DANCE with CAT」 文庫サイズ
 過去発行のコピー本に加筆修正した二本を再録。
 過去発行したウチのサークル唯一のコミックを再録。
 エピローグとして、SS書き下ろし一本。


「遊園地の二人」 コピー本
 原作新刊「キラキラまわる」の二次創作


以上が新作です。旧作は在庫のあるものは全て持っていきますので。
ただし、
コピー本の「春のドライブ」「花かんむりは誰のもの?」は残部極少。
文庫サイズの「かなとう」「SISTER FAKE」は残部少です。

突然だが静留さんとなつき

「……また、マヨどすな」
「な、なんのことだ」
「……それも、かつとじにマヨ」
「し、静留」
「おみそ汁の具はあげと豆腐。食後のお茶はほうじ茶。おつけものは白菜の」
「なんてわかるんだ」
「味が残ってますもの」
「え?」
「口の中に」

 多分静留さんは、キス一つでなつきの食生活見切ると思うんだ。

 うん、それだけ。

東京二日目(コミケ一日目)

コミケ行ってきました

長いので下へ↓

続きを読む

会場3

舞-HiME回ったし帰るか。

会場

並び組とスタッフの殺伐としたバトルをみながら、いつもの場所でのほほん休憩の儂。
昨夜「300」見たばかりなのでワクワクが止まらない。

東京一日目(前日設営)

友人一同へ緊急連絡
今泊まっているホテルの室内は携帯が圏外なので、
夜間の携帯メールは高確率で即答不可。

(部屋によって電波状況違うでやがる)

さて、今日の日記↓

続きを読む

他意はないのであしからず(カテゴリがーーーーっwww)

「一部の読者は伏線に気付かなかった」
「一部の読者は伏線に気付いていた」
 という状況

 と

「作者が何にも考えてなかったので伏線は引かれていない」
「信者のような読者が原作の曖昧な描写を伏線だと思いこみ、あまつさえ公式なものだと言い張る」
 という状況

 
 この二つを区別する方法はないでしょ。
 作者が正直に「あれ、後付けなんですわぁ」とか「伏線に決まっているじゃありませんか」とか言わない限り。
 普通、言わないよな。

 だから喧嘩するな。

 しかし時々この世界、後付けの天才がいる(二次創作にもいるよね、原作の補完しまくる人)ので余計に混乱する。

年寄り踏み絵ネタ

ふと、
「銃を使う」
「バイクに乗る」
「人の言うこと聞かない、基本的には一匹狼」
という三条件で、玖我なつきとハカイダーは似ているなぁと思った。

そうしたら、なつきのエレメントとハカイダーショットの決闘という燃える構図が浮かんできた。

人造人間キカイダーと舞-HiMEのクロスオーバーって有りか?


……
 記憶を失って彷徨う光明寺博士……うー、ロボット工学の権威だから、深優の生みの親のグリーアとは知り合いかもなぁ。
 深優の不調をいとも容易く直して去っていくホームレス風の不審人物。か。
 それを追うダーク破壊部隊VS深優、が冒頭だな。
 破壊部隊が負けたんだから、キカイダーがいるんだろうと判断したハカイダーが姿を見せる。
 で、逆にダーク破壊部隊とハカイダーの動向をチェックしていたキカイダーがやってくると。

 色々あって。

 なつきVSハカイダー、ガンマン真昼の決闘!

 ……これ、面白いのか?

 まあ、ガンマン勝負はお約束の「勝負には勝つがガンプレイでは負けていた」ってやつか。
 今ちょいとごたごたしてるんで、落ち着いたら書いてみようかね。


 さて、今日は早く寝る。明日から東京だしな。おやすみなさい。
 

新刊だよ

マリア様がみてるキラキラまわる (コバルト文庫 こ 7-56)マリア様がみてるキラキラまわる (コバルト文庫 こ 7-56)
(2007/12/26)
今野 緒雪

商品詳細を見る

 新刊買いました。午前中に。

 冬コミ用新刊ネタコピー本原稿、たった今あがりました。
 このあと、細かい直し入れて、明日印刷。
 明後日東京入り。夜にホテルで製本。

 あはははは。できるもんだなーーー。

 というわけで感想はこの下に隠してますよ。ネタバレ注意

続きを読む

寒いよ。

なんかこの数年、寒さに内臓が耐えられなくなっているような気がする。
身体の寒さ自体は平気なんだけどなぁ……。
お腹が痛い。温めると治る。使い捨てカイロは欠かせないのだ。

しかしそれでも今日は散髪屋に行って来て髪を切った。
坊主である。
藤堂賢文? なんのことやら………

クロスオーバー久し振り

久し振りのクロスオーバーは、語源通りの「やまなし・おちなし・いみなし」なのです。
Xmasスペシャル、総勢顔見せ大大興行と言うことでご容赦を。

さて、新刊発売が近づいてきました。

なんとかコピ本作りたいものです。

宴会終了

フグ美味しゅうございました。
アリッサ、もといカニ美味しゅうございました。
ビール美味しゅうございました。

俺の部屋で二次会をするなー(笑)
寝かせろーー

慰安旅行中

福井の辺りまで、アリッサ・・・もとい、カニを食べに来てます。

あえて本歌は書かないシリーズ

(チェリブロではこんな感じの子だったよね?)

思いこんだら スールの道を
行くが 瞳子のど根性
紅白黄色 ブゥトンの印
ロザリオ首にかけるまで
ブリッ子続け 本性出すな
行け行け瞳子 ドリッと行け

入手先は秘密

知り合いに、サントリー 響 17年をもらった。

自分はウィスキーを飲まないので、父に飲んでもらうことにした。

飲む人が近所にいれば譲ったんだけど。残念だ。

予定は未定。予告は予測。

何故か書きかけの物が溜まっていく今日この頃。

 予告がてらに列挙。このまま没になる可能性もあるけどなっ!!

「チケット」(可南子瞳子もの。卒業後、同居している二人。瞳子の初舞台が決まって…)
「POISON」(聖蓉子もの。聖が親しい友人を作るたびに落ち込む自分に嫌気の差し始めた蓉子…)
「ヒヨコと人形」(クロスオーバー「ローゼン・マリみて」 由乃の入院した病院には、柿崎めぐがいて…)
「アリッサの復讐」(舞-HiMEシリアス。次々と襲われるHiME。疑惑の中、行方不明になるアリッサと深優。襲撃はアリッサの仕業なのか、それとも…)
「深優と奈緒」(シスター二人の漫才w)
「遥ちゃんが悪いっ」(遥と雪之のイチャイチャだ)

「ゾンビもの二つ」(それぞれローゼンとマリみて)

今日の某さまとのメッセ

一年椿組のホームルームにて

「では、席替えをする。松平の席は、細川の膝の上」

……メッセで何の話しているんだ、俺。

Web拍手レス

………おかしいな。
あったはずのネタがどこかへ消えた。
しくしく。

Web拍手レスです。

続きを読む

冬コミ

 一日目に全く用事はないなぁと高をくくっていたら、「舞-HiME」が一日目だった件について。

 うぁあああああ。

 しゃーない。

 あ、そうだ。俺を「舞-HiME」に嵌めた二巨頭(笑)の一人、胡乱な方からいただいた同人誌、面白かったからなぁ……。
 ここの新刊は欲し………って壁かよっ!
 ……朝から、行け、ということなのか…

今書いているSS

なつき、奈緒、静留のSSだけど……。

終わらない。
終わらないよぉ。


次のSSのネタまで決まっているというのに。
あ、マリみても次のネタはあるので安心して下さい。
可南子瞳子の予定ですよ。
ちなみに舞-HiMEの次のネタは雪之遥ですよ。
「ゆ、雪之?」
「遥ちゃんが悪いんだからね」
 状況によってかなりに萌えセリフになるなぁ。
 いや、無論これは「(魅力的すぎる)遥ちゃんが悪いんだからね」という流れですよ?
 というわけでいろんな人に言わせてみたくなった。

「か、可南子ちゃん?」
「祐巳さまが悪いんですからね」

「か、可南子さん?」
「瞳子さんが悪いんですからね」

「し、志摩子さん?」
「乃梨子が悪いのよ?」
 マリみて勢、この手には強い(待て)

「し、静留?」
「なつきが悪いんどすえ?」
 うん。日常茶飯事のような気がする。

「………深優?」
「可愛らしすぎるお嬢さまが悪いんです」
 いや、これ、ヤバ過ぎるだろ。
 うわぁあああああ。いかん、これはダメだ。
 ていうか、俺の頭の中では深優アリッサ組がえらいことになってるw



「み、みっちゃん?」
「カナが可愛すぎるからイケナイのよっ!」

 誰か俺を止めて下さい。

元歌は知らない(笑)

♪150センチと20センチから愛してる
僕の身長過ぎた辺りからもっと恋しくなった
150センチと29センチ過ぎても愛してる
君を知ったその日から
僕のサイトに
可南子SSは絶えない


元の歌を全く知らないのでこれ以上作れない。

大阪から武蔵野まで原チャリでどれくらいかかるだろ

セル 上巻 (1) (新潮文庫 キ 3-56)セル 上巻 (1) (新潮文庫 キ 3-56)
(2007/11)
スティーヴン・キング

商品詳細を見る

セル 下巻 (新潮文庫 キ 3-57)セル 下巻 (新潮文庫 キ 3-57)
(2007/11)
スティーヴン・キング

商品詳細を見る


何の変哲もないある日。主人公が順調な人生へと進み出たその日。
世界は変貌する。
その瞬間から、携帯電話は人間に狂気をもたらす地獄機械と化した。
理性を失いゾンビと化す人々。最初の混乱を運良く逃げ延びた主人公は、同じ境遇の男、少女と共に遠く離れた自宅を目指す。

だがそれは、「遥かな道」だった。


キングにしては序盤から飛ばしてますよ。キング嫌いな人が皆言う冗長さが、今回のこれには一切排除されてます。
「ゾンビ映画」ファンには絶対勧めるこの一冊(二冊)ですな。


しかし、クライマックス直前で○○○を○○○に○○○させるとは……キング、鬼だな。


さて、携帯電話を使った人間がみんな理性無しのゾンビと化すこの作品を読んでて思ったこと。

つまり、携帯がない人は平気なのだ。

おおっ! リリアン無事じゃないか(待て)

よし、俺、携帯電話してる人がおかしくなりはじめたら、速攻で自分の携帯捨てて、武蔵野まで急ぐよ。(馬鹿)

で、ゾンビからリリアン護るんだ。(大馬鹿)

近況

今、スティーブンキングの「セル」読んでます。

SSの書きやすさ

 たとえば、ウチのサイトのSS。
 「マリみて」「舞-HiME」「ローゼンメイデン」「パワーパフガールズ」なわけですが。
 俺から見たSSの書きやすさ順(ネタの出やすさではない)だと
 「マリみて」>>「パワーパフガールズ」>>(越えられない壁)>>「舞-HiME」>>「ローゼンメイデン」なんですよ。
 後ろの二つは、
「映像媒体がメイン」「ドラマCD等で(二次創作にとっての)重要設定が小出しにされている」という書きにくさの二代理由が揃っているわけですよ。
「映像媒体がメイン」だと、設定確認の時、検索しにくいのなんの。
「マリみて」は小説媒体だから、ざざっと検索できるんですよ、早読みで。基本的に俺はテキスト人間だから、テキストだと速攻で検索できる。
映像媒体で設定探すのはしんどい。特に「互いの呼び方」なんて探すの必死ですよ。探したあげくに「ヤベッ! この二人、公式で会ってねぇ!」ってオチが付いたら泣ける。
 
ちょっと待て、「パワパフ」は映像媒体じゃないか、と言うかも知れない。
が、この作品は、結構設定が行き当たりばったり(笑)なので大丈夫。
その辺りはあんまり細かいこと考えなくていいのw だから、楽。

「舞-HiME」はきついですよ。設定がドラマCD内とか、デザインワークスとか、映像特典とかに散りばめられてるって……カンベンして下さい。
 まあ、それを補って余りあるキャラクター性があるからSS書いているわけですが。

その意味でさらにきついのがローゼンだったりする。

だから、エヴァの二次創作とかやってる人凄いよ。設定どこで拾ってるんだよと言いたくなる。いや、マジで。
昨今のアニメって、設定散らしまくってるからなぁ。拾う側の苦労考えてくれぇ。

って、二次創作に配慮する必要なんざ、毛ほどもないわけだが(笑)

ゲーム

土曜の夜、久し振りに買ったゲームをしていた。
ふと気が付くと、外が明るくなっていた。
うあ、徹夜なんて何年ぶりだ………。

と言うわけで今日は一日へろへろでした。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
月別アーカイブ